インターネットカジノ楽園

ブラックジャック/ディーラー特有のルール | Just another WordPress site


テーマ:ブラックジャック

前回お伝えした『ディーラー特有のルール』について
ご説明していきますね。

 

①ディーラーは自分の手持ちのカードの合計が「17」以上に
なるまでヒットし続ける(カードを引き続ける)。

②ディーラーは自分の手持ちカードの合計が「17」以上に

なったらステイする(カードを引かない)。

 

この2つのルールによってディーラーは自らの意思で
「ヒット」「ステイ」という選択が出来ません。

だからディーラーの最終的なカードの合計数は
必然的に決まってしまうのです。

「17」「18」「19」「20」「21」「22以上(バスト)」

ディーラーの手(ハンド)は簡単に言うと
上記の6種類しかありません。

 

 

しかもゲーム中はディーラーに配られた2枚のカードの内1枚を
アップカード(プレイヤー全員に見えるよう表におくカード)するため
圧倒的にディーラーが不利なのです。

 

 

でもたった1つ、ディーラーにも有利な点があります。
これはブラックジャックにおいて最も重要なルールなので覚えておいて下さい。

 

前回の清算の仕方に書いた
『ディーラーとプレイヤー双方がバストした場合はディーラーの勝ち』となります。

 
念のため説明すると、あなたが「22」でディーラーが「25」でも
バストはバスト。なのでディーラーの勝ち。
またあなたが「22」でディーラーも「22」という場合でも
引き分けではなく、ディーラーの勝ち。

 

これが、ディーラーに有利な点なのです。

 

そして、ディーラーに勝つためには“ディーラーのアップカードで状況判断”
する事が重要になります。

 

説明しますと・・・
ディーラーはディーラー特有のルールに縛られているため、
最終的な手は「17」「18」「19」「20」「21」「22以上」
という6種類しかありません。

 

例えば、ディーラーのアップカードが「6」で、ディーラーにバストの可能性がある場合
あなたの最初の手が「12」という弱いハンドだったとしても、あなたはバストの危険を冒してまで
強い手を狙う必要は無いということです。

 

つまりこのような状況の場合、あなたはステイしてディーラーのバストを待つことが
ブラックジャックの“セオリー”なのです。

 

無理にヒットして「19」「20」といった強い手を作って勝つのも、
ディーラーがバストして勝つのも「勝ち」には変わりないのです。

 

※ただし、ディーラーのアップカードが強くバストする可能性が低い場合
(「10」「J」「Q」「K」「A」)は自分がバストする危険を冒してでも
「17」以上の手を作るしかない場合もあります。

 

優先すべきことは”自分のバストのリスクを避ける”ということです。
そして、勝つために最も警戒すべきことは、
『プレイヤー、ディーラー双方バスト』してプレイヤーが負けるというパターン
だということを覚えておいてください!
↑これは悔しいですよね(涙)